SSブログ

時間のお話し2 [カナダ]

本日は所属しますSchool of Physical TherapyのResearch SymposiumでWestern大学の研究者の一人として発表しました。こちらに住むカナダの臨床理学療法士の方のための研究紹介といった色彩のものです。質問も多く頂き有意義な時間でした。50名程度の意識の高い方々の集まりのためか、バックグラウンドが類似しているためか話しやすい感じがしました。何だかんだで、こんなひどい英語でも話す経験は力をくれます。この東京下町風Japanese Englishで、学会とは関係なしに自論を話させてくれる機会をカナダ、スイス、イギリス、韓国、オーストラリア、マレーシア、ドイツと7か国で頂くことになったのは訳があります。こうやって書くと偉そうで臭いですが、大して上手になっていない英語の中で進歩したのは「こんなものだから格好つけても仕方ない」「どうせ死ぬわけでもない」という開き直り力、それがまた強くなったというより、「気にならなくなった」「どうでもよくなった」感じです。問題は英語より中身の筈であるのは当然で、今日だって、洗練された素晴らしい発表やそれほどでもない発表が色々ある中で未だにどこかで承認欲と戦う自分を今日も味わいました。まだ、まだまだ尻穴トレーニングは続きます。そもそもこういうことを書いていること自体、潜在意識があるのだと思います。全く。なかなかいつまでたっても・・・です。年を重ねれば「初めてのこと」が減ってくる訳で、様々な経験や慣れが自己効力感を上げる場合もあると思います。でも逆にその分新しいことを探したり、続けたりすることが必要で、そうでないと多様に衰えていく。今まで自分のやってきたこと、今の自分を「どうなんだ」とみる力が、その力がとにかく欲しいんだと思いました。ということで全部ひっくるめて今は「良し」とします。進歩したのかどうか不明なので、尻穴1級、尻穴2級資格や尻穴拡大のコンピテンシーがあったらよいかもと思いました。「あーあなた残念ですが、まだ尻穴3級ですね」。複雑痔瘻の手術(通常5分で終了するのが自分は1時間)後に自分の尻穴を写真でとったことがあるのですが、見た瞬間にひっくり返りそうになりました。10倍くらいに尻穴が広げられておりました。あれ位になれれば。
自分の気が短いのは下町生まれの土地のせいだと言ってきたのですが、これを単位時間当たりの行動数と置き換えればどのようになるか、ベストセラー「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」を元に考えてみました。 英語を話せるようになることは明らかに手段であって目的ではない。そんなことはわかっているはずなのに何故英語を勉強する気にならないのかは臨場感が関係しているのですよね。今話をしなければならない状況が無ければ自然な動機付けではなく努力型動機となって長続きしない。多くの書籍には自然な動機のことを「好きなこと」「あっという間に時間がたってしまうもの」と言います。それが探せれば良いのだと。理学療法が好きな人はこれを利用するのがいい筈ですよね。ともかく苦労しなければならないようなことはしないということで、仕事の英語文献を読む、それも自分の興味があることだけを読む、問題は英語を勉強することではないことを再確認する、この情報の中の何が重要かを短時間でつかみ取る、時々日本語の文献も挟んで、自分の読み方の違いに気づくなんていうのは良い方法だと思います。楽しくです。「知ることだけでは十分ではない、使わないといけない。やる気だけではだめで、実行しないといけない」とこれも複数人の論点から気が付いたことです。それからリズム、中島聡さん曰く、朝型へ、「時間を制する者は、人生を制する」とまで仰り、エネルギーを使う時間を前倒しにして、仕事を分類して、いわゆる「重要だが緊急ではない」ことにエネルギーをかける(自分の解釈混じってます)。午後はエネルギー出力下げて流せと(仕事の中身によってはできませんが)、なるほどと思います。ともかくカナダの研究者は朝が早い。帰りも早い。これは中島さんと同じ考えです。私もその方が良いと今頃になって思いました。自分の後ろに強制的な時間を持ってくる。朝、家人が起きるまで。朝、職場に人が来るまで。夜はどうしてもそれが難しいので。中島さんDualTaskは駄目だと言ってますが、細かいことなら可能だし、その方が下町せっかち風には会うと思っております。中島さんさらに「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ」 が好きな言葉らしいです。すごいですよね。「現状に満足せず、常に新しいものを求めよう」。この常に新しいものというのが、ともかくこれが残りの時間の大きなテーマであります。今日別の研究者が発表していた中に、knowledge, understanding からapplication, evaluationそして、synthesis, creationとつながるのよというのがあって、これって時間の流れじゃないかと。多分、飛び越えられないから、いきなり「何々法が一番だぞ」に行ってしまうと理解がないから取り込まれてしまうのでしょう。疑問も出ようがない。大きく目を開く。尻穴も。うまくいかないとき、どうしてこんなことが起こるのかということありますよね。諸行無常!ただつらいときも続きませんよ。必ず良くなっていきます。写真は発表が終わって帰るときのガチョウの行進とハロウイン用でかカボチャ
IMG_0397.jpgIMG_0405.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

邦人訪問日記その3、4、5 [カナダ]

邦人訪問日記その3、4、5
(3)今週はこのLondonに来てから最も多くの日本人の方と会う週となりました。東京で神経セラピーという末梢神経操作をされている岩吉新先生が森本先生とともにわざわざLondonまでお越しくださいました。岩吉先生の書籍を読み、自分の考えとDiane Jacobsとつながるものを感じておりました。まだ疼痛に関してはど素人ですがこれをきっかけにと日本疼痛学会に先週入会手続きを行いました。
(4)日本語学校があることが今頃になってわかり、先週初めてそこに出かけてみました。カナダに来て以来はじめて多くの日本人の方に会いました。一人の方は日体大レスリング部出身で広島大でPhD取られた岩井一師先生が、奥様、二人のお子様と何と同じアパートにいらっしゃるではありませんか。もっと早く知っていればなー。同じアパートに・・・。Facebookでは何と共通友人5名と出ました。その中にはバズーカ岡田隆先生、武大山本利春先生も。そして日本語学校を主催されている前田様の家に岩井一家と一緒にお邪魔してガレージBBQでご馳走になりました。何かわかりませんが日本から離れた場所で日本人のとても少ないこのLondonで温かい気持ちを頂き胸が一杯になりました。
(5)さらに本学大学院を修了した遠藤弘司先生がLondonまで来て汚いアパートに2泊もしていきました。アパートにいる間中、ずっと喋っていました。相変わらずエネルギッシュで今やっている国際協力や海外と日本の関係に多くの刺激をもらいました。 “カナダ料理”というジャンルの料理が明確でなかったため、Salmon入りならカナディアンだということに落ちつきカナディアン風イタリアン、カナディアン風韓国料理を食べさせました。私がカナダの水元公園と名付けたGibson公園で彼の気概を聞き、5年後が楽しみだなあと。
endou.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

徒手療法 実技授業に参加 [カナダ]

先週から再び大学院の徒手療法[MClSc(Master of Clinical Science)取得コース]の講義および実技に入れてもらいました。英語書籍や論文を大量に読み、さらに大量のハンドアウトやビデオなどに気持ちの上下動が大きかった2週間でした(朝8時から夕方4時半まで毎日ぎっしり)本コースの最初のステップの2週間に参加させてもらいました。解剖用語がすぐに出てこないともうついていけません。というように自分の英語に嫌気がさし、そのような時に押し寄せる気持ちの弱さは自分のエネルギーの浪費でも最も大きいことだなあと。それは実はカナダに来ているからだけでもなく、日本にいても、自分の無力感を考えすぎるときに生ずるものです。嫌な気持ちはその原因を見ると承認欲に起因することが多いと改めて改めてわかりました。せっかく痔の手術で広げた尻穴もまだ中途半端だということです。逆に全員の前で簡単なプレゼンが上手くいくと嬉しくなったのも同じことです。他人にどう思われるかなど、鼻くその役にも立たないのに、駄目ですねえ。いまだ尻穴不十分判定です。
 カナダを含め西欧諸国の特徴というと、明確なクライテリア分けをすること、outcome measureをしっかりとしたものにすること。評価を重要に自分の理学療法についての客観視するシステムはまだ日本に足りないように思いました。例えば運動器理学療法の多施設共同プロジェクトなんかはどんどんやれる部分だと思いました。一方で自分に馴染みが深い下肢や腰などの身体部位ではこちらもいろいろと質問しましたが、徒手療法についての私の無知以外については困ることはほぼ無かったことを考えると違う文化への対応には、「英語」と臨床経験があればできると思います。英語の実力計測は難しいので自分の感触ですがTOEIC800点代中盤位では厳しいというか無理に近いと思います。こればかりは嘆いても仕方ないので私もやりますが、若い方は時間あるので志ある方は早く(もう一度20歳代に戻させてくれたらと何回か思いましたが(´;ω;`)ウッ…)。お恥ずかしい話でもあるのですが、5年ぶりに正座ができるようになりました。4~5年前に2度の痔の手術後正座ができなくなってました。承認欲を減らすために自分の感覚に集中するということをこのところ続けて、テーマである皮膚を動かすことをこの間やっていましたら3日目で正座ができました。自分の感覚に集中することが大事であることは仏陀の教えにもあるそうです。その感覚を自分で感じていたこともあったため、些細な変化ではありますがちょっと嬉しいです(以上お爺ちゃんレポート)。他人からの評価を抑えて、自分のやるべきことを淡々と鼻くそほじってやることは本当に力になります。“頭はすぐに余計なことを考えるようにできている”という一説に力をもらい、それを「しないように」ということではなくて、自分の感覚に集中することが何よりも力になると。もしかして、これに気付くためにわざわざここに来たのかなとまで思うようになりました。だから臨床に没頭できている人は強いのかなと思いました。それから、正座する時に「自分の大腿部を久しぶりに良く見た!」なんて思いました(笑)。自分自身を見ている時間が無かったのかもしれません。学位取得、資格取得は外的制限が自動的に負荷されますのでそのプロセスを重要視しないでゴールを目的にしてしまうと、小さくまとまってしまう結果になるでしょうし、単なる模倣になってしまいます。それを超えるために自分の五感に集中するのは理学療法を超えて、仏陀の教えにあるということですから、それこそ多くの人が創造に結びつく仕事になり得ると感じます。IOC diplomaなんてまさにそれですよね。
IMG_0289.jpg
IMG_0325.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます