SSブログ

最後のプレゼンテーション [ニュージーランド]

最後のプレゼンテーション終わりました。Otago大学のacademic staffの皆様は本当に親切です。「今日の福井の胸鎖関節の方法、面白かったから今度Mulligan来た時に話しておくよ」「俺のやってる神経滑走でやった左右差の研究と似てると思うよ、反対側も関係ありそうだよね」、「fibroblastがLaser lightに向かうことと関係あんじゃない?」、「MRIの8 pixel patternを使った脳と末梢運動パターンの関係も見たら?」。最後のやつはチンプンカンプンでしたが、3人のSVと個別にトータル6時間以上も議論にお付き合いいただきました。ご存知の方もいらっしゃると存じますが、Otago大学はRobin McKenzie, Brian Mulligan,Stanley Parisという錚々たる卒業生を有した歴史を刻む大学で、地力のようなものを感じました。人が沢山いた蜜度が濃い場所には何かありますよね。怖い話ではしばしばそういう場所を感じますが、今回はエネルギーが詰まった場所でした。最後の最後で多少成果と思しきものを感じられました。ここまで自分なりにわかったことは、
① とにかく自分は知らないことが多い。
② そのためやるべきことが一杯ある。
③ やっぱり新しいことをやりたい ということでした。
そして、SVのSteveには来年、正月に日本でセミナーをしてもらうことになると思います。順天堂大学宮森先生とジャパンライムのセッションです。松の内になると思いますのでその節はまたお願い申し上げます。今日は多少ご褒美かなと思っていたら、ありましたよ。今更見つけたスーパードライ。隣のTOKYO DRYはNZものです。少しずつ帰り支度始めます。
https://www.facebook.com/tsutomu.fukui.9
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

あと少し在外研究終了 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます